消化器内科
消化器内科

診療内容

“消化器”とは口、のど、食道から胃、十二指腸、小腸、結腸、直腸に至る消化管と肝臓、胆嚢、膵臓、腹膜を含む臓器の総称です。当院では消化器の専門医による以下の検査、診察により疾患の早期発見と適切な治療方針の早期決定を心掛けています。お腹やその周囲の痛みをはじめとし、体重の減少、吐いたものや便に血液が混じっていた、だるい、食欲不振、貧血のような症状、やせ、皮膚の色が黄色い(黄疸)など様々な症状の原因が消化器の病気であることが多いです。上記の症状がある方や最近身体の調子が優れないと感じられたらまずは受診されることをお勧めします。

超音波検査

特徴・特色

消化器領域にはポリープやがんが発生しますが、当院では内視鏡検査や CT・超音波検査を積極的に施行して早期発見に努めています。

  • 上部消化管(食道・胃・十二指腸)内視鏡検査
    口から挿入する経口内視鏡検査と内視鏡を鼻から挿入する経鼻内視鏡検査が選択可能です。いずれにしても苦痛の少ない検査の施行を心がけております。詳しくは診察時、検査の予約の際にお尋ねください。
  • 下部消化管(大腸)消化管内視鏡検査
    増加傾向にある大腸がんの原因となる大腸ポリープを検査時に発見した場合、可能な限りその場で切除します(ポリープ切除の際痛みは伴いません)。内視鏡検査施行時に鎮痛剤、鎮静剤を投与して検査を施行することも可能です。検査の予約の際にご相談ください。
  • 腹部 CT 検査・腹部超音波検査
    CT 検査は診察時に速やかに施行します。放射線科医の読影も活用し、より精度の高い画像診断を心掛けています。
  • ヘリコバクターピロリ菌検査
    ピロリ菌に感染しているかどうか検査する方法は内視鏡を使用する方法(ウレアーゼ迅速法、鏡検法等)と使用しない方法(血中抗体測定、呼気法等)があります。それぞれの患者さんに最善の方法を選択します。

外来担当医師表

午 前 小 松 小 松 白 鳥 第2・第4
小 松
午 後 第2・第4※

※は検査及び病棟診療が優先となるため診察をお受けできない場合もあります。
必ず、当日お電話で確認下さい。

医師紹介

 
氏名 出身大学 専門分野・領域 資格
白鳥 敬子 白鳥 敬子 東京女子医科大学 消化器内科一般 日本消化器学会理事
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
小松 真由美  
 
 
日本大学医学部 消化器内科一般 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医