教育・研修支援

春山記念病院の看護実務教育について。

入職時オリエンテーションを終えると1人の新人に対して1人の教育担当プリセプターと支援看護師がつき、新人の成長をサポートいたします。

看護実務教育
誰でも最初からできる人はいませんよね、最初の一歩から始まります。無理せず肩の力を抜きながら一緒に学習し、一日ひとつずつ習得していきましょう。
看護実務教育
皆様の成長が私たちの成長です。春山記念病院で素敵な花を咲かせてみませんか?

ページのトップへ

新人教育プログラムについて。

■展開の早い救急病院の特性をふまえ、現場教育を重要視しています。
チェックリストや振り返りノートを活用した年間教育プログラム、内・外の研修参加、経年別の教育方法を個々に合せて目標管理システムと連動しています。

目的

安全で安心な医療を提供するために臨床実践能力を養い、現場への適応ができる看護師を育てます。そして、感性豊かな人間性を養い、優しい、心のこもった看護が提供できる看護師が育成できるようキャリア開発ラダーのレベルに応じた支援を行います。

目標

  • 基礎看護技術に関する知識・技術を習得する。
  • 看護師としてエビデンスに基づいた看護実践能力を育成する。
  • 急性期医療における看護師の役割を理解する。
  • 組織における自己の役割を自覚し、責任ある行動がとれるよう支援する。
  • 自己学習を行い、キャリアアップができる。
  • 安全な医療を心がけ、質の高い看護サービスを提供できる。

ページのトップへ

看護師採用

教育体制・研究・支援