教授の診療
教授の診療

医師紹介

教授 秋元治朗

東京医科大学脳神経外科学分野
教授 秋元治朗 (水曜日AM/PM 担当)

日本脳神経外科学会評議員・指導医・専門医
日本脳卒中学会専門医
日本がん治療認定機構認定医
日本レーザー医学会専門医

脳神経外科で拝見する病態は、脳血管障害(脳梗塞や脳出血)、頭部外傷、脳腫瘍、顔面痙攣や三又神経痛、脊椎・脊髄疾患、神経系先天奇形など多彩です。患者様が訴えられる症状も、頭痛、はきけ、めまい・ふらつき、しびれ、麻痺、呂律障害など多彩です。これらの症状から的確な診断を行い、最適の治療を提供することが外来診療の使命であり、診断・治療に関して、わかりやすい説明を心がけています。また、これらの病態の中には手術が必要な場合がありますので、その際には最善と思われる治療施設を紹介させていただきます。

日本はますます高齢化社会へ向かっており、高齢者特有の病態である、認知症やパーキンソン病が疑われる患者様の診療も行っています。初診日当日に詳細な診察と、迅速な画像診断を行い、一日で診断の確定に至ることを心がけています。これらが疑われた患者様の中には、手術で完治する病態(慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症)も含まれておりますので、これらの病態の心配がある方は、是非外来にいらしてください。認知症の診断には特殊な画像診断も必要ですので、それらを行える病院に紹介させていただくこともあります。

脳神経系になんらかの不安をお持ちの患者様は、お気軽に外来を受診してください。的確な診察と迅速な画像診断を行い、一日で不安を取り除いて差し上げられると思います。脳神経系には命に関わる恐ろしい病気も多いのですが、早期診断と的確な治療を行うことで、健康で有意義な生活を送っていただけるものと思います。