消化器外科
消化器外科

診療内容

総合・消化器外科では消化器(食道、胃、十二指腸、小腸、結腸、直腸、肛門と肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓)領域を中心として患者様の様々な症状や訴えに対して幅広く診療を行い、消化器領域以外の疾患についても適切に初期対応を行います。

内視鏡室

受診される患者様の中には「この症状は何科を受診すれば良いのかわからなかった。」という方がしばしばおられます。消化器の疾患であっても症状は多種多様で、お腹の症状だけでなく咳や胸の痛み(食道炎など)、背中や腰の痛み(十二指腸や膵臓の炎症など)顔色が優れない(肝臓の病気)などの腹部以外の症状を起こすこともあります。また、お腹の痛みや不調であっても消化器領域の疾患ではなく循環器系、泌尿器系や婦人科系の疾患が原因となる場合もあります。

我々は消化器領域の疾患を中心として消化器領域以外の疾患も念頭に置きながら患者様の訴えや症状を丁寧に拾い、迅速に検査を行うことでより早くより的確な診断を下すよう努めています。そして、より速やかに治療方針を決定することにより患者様の苦痛や不安を少しでも軽減できるよう常に心がけています。

特徴・特色

「気兼ねなく相談できて頼りになるかかりつけ医」を目指して

  • 予約なしでもいつでも受診、すぐに検査
    当院外来は予約なしでも受診可能です(一部の外来を除く)。また、必要な検査(採血、超音波、CT、MRI 等)を迅速に行うことができるので診察⇒診断⇒治療の過程を迅速に行うことができます。
  • 丁寧で理解しやすい説明
    苦痛と不安を抱えながら診察に来られる患者様に検査の結果や診断の内容、治療の方針や薬の副作用等をできる限り分かりやすく丁寧に説明するよう常に心掛けています。
  • 地域医療機関との緊密な連携
    当院は平素より周囲の大学病院や医療センター、各科専門のクリニックとの連携を密にしています。診断や治療を行う上でより高度な設備や能力が求められる場合は周囲医療機関へ速やかに紹介し、時間を無駄にすることなく最善の選択肢を患者様に提供できるよう常に心掛けています。

主な疾患

当院の消化器外科では下記の疾患に対する処置や手術を行っています。 局所麻酔や静脈麻酔を併用してより苦痛の少なく、より安全な手術や処置を行っています。

胃癌、大腸癌に対する根治手術 気胸(症状は突然の胸の痛み、肺に穴が空いて空気が漏れる)
胃ポリープ内視鏡的切除(消化器内科と連携) 大腸ポリープ内視鏡的切除(消化器内科と連携)
消化管出血(胃や大腸からの出血 消化器内科と連携) 脱腸・ヘルニア⇒入院日に手術、翌日に退院します。
腸閉塞(お腹が張る、おならがでない、便が出ない等の症状) 胆嚢炎、胆石症
内痔核(痔のこと) 内視鏡的胃瘻造設
肝硬変等で腹水(お腹の水)が貯まることによる腹部の張り 腹膜炎手術、急性虫垂炎、ヘルニア嵌頓(いずれも緊急手術)
その他消化器・一般外科領域の処置・手術

このような症状は消化器科を受診して下さい。

外来担当医師表

午 前 鈴 木 佐 原 松 土 第2、第4
消化器内科
午 後

※は手術・検査及び病棟診療が優先となるため診察をお受けできない場合もあります。
必ず、当日お電話で確認下さい。

医師紹介

氏名 出身大学 専門分野・領域 資格
堤 純 堤 純 東京慈恵医科大学 消化器外科一般 日本外科学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科認定医
松土 尊映 松土 尊映 東京医科大学 消化器外科一般  
鈴木 啓一郎 鈴木 啓一郎 東京医科大学 消化器外科一般
佐原 八束 佐原 八束 東京医科大学 消化器外科一般